シンプル料理レシピ

fog linen work × CASA MORIMI


シンプルで上質なリネンを販売されている
fog linen work」さん。
素敵な品々が多く、私たちも長く愛用しています。

fogさんのメールマガジン「fog linen work journal」に
弊社代表・小林もりみのレシピを
ご紹介いただいています。


マッシュルームのパスタ クリーム風味 じゃがいものニョッキ トマトとバジル風味


フィノッキオのオーブン焼 大根とりんごのサラダ


ピスタチオのジェラート そば粉のクレープ(ガレット)


トマトのスープ ストラッチャテッラ風 アスパラガスの卵添え


かぼちゃのココナッツミルク風味 チキンとセロリのサラダ


アーティチョークのオムレツ にんじんのオレンジ風味


カリフラワーのリゾット チキンのクリーム煮込み


グラタン・ドフィノワ ペンネのブロッコリーソース


春菊のサラダ 蕪のスープ


甘エビとミニトマトのスパゲッティーニ 柿と生ハムのサラダ


カボチャと西洋ねぎのポタージュ 洋梨・くるみ・ざくろのサラダ


小アジの南蛮漬け ラ・ラッテリア風 卵焼きカラスミ風味


バニェット・ヴェルデ(緑のソース) アンチョビとトマトのスパゲッティ


酢トマトのガスパチョ風 なすのピッツァ風


カルボナーラ じゃがいものニョッキ


なすのコラトゥーラ風味 アサリのタリオリーニ からすみ風味


鶏の胸肉のソテー 生姜とバジルの香り 桃と生ハムの前菜 レモン風味


トマトの炊き込みごはん レモン風味のパンナコッタ


ニース風サラダ 鰯のポルぺッティーネ


パンテレリア風トマトサラダ 大人のジャーマンポテト


オクラとアボガドのサラダ ズッキーニのバルサミコとハーブ風味


キャベツとしらすのブルスケッタ ペペロナータ アンチョビ添え


柑橘とフェンネルの香りのチキンサラダ 春の赤いサラダ


芽キャベツの蒸し炒め アンチョビ風味 帆立と金柑のカルパッチョ


みどり色のサラダ グリーンピースのスパゲッティーニ


春キャベツとカラスミのスパゲッティーニ ヤリイカとグリーンピース


ピスタチオのティラミス 西洋ネギと生ハムの熟成バルサミコ風味


牛肉の赤ワイン煮込 菊芋、りんご、ざくろのサラダ


アーティチョークの蒸し煮 蕪のクレーマ


呉豆腐 ミートボールのバルサミコ酢煮込み


ブラッドオレンジとピスタチオのサラダ バーニャカウダ


ほうれん草とマッシュルームのサラダ フェンネルとオレンジのサラダ


ゴルゴンゾーラチーズと胡桃のサラダ バルサミコ風味 野菜たっぷり簡単ポトフ


ほろほろカリフラワーのフジッリ カーボロネロのパッケリ


インゲン豆のローズマリー風味 酢たまねぎとパプリカのエスカベッシェ風


酒粕クリームのパスタ レタスのハチミツ風味ソース


パンテレリア風サラダ 秋なすのバルサミコ和え 中華風


グリーンサラダのアンチョビソース 牛肉のバルサミコ炒め


ひよこ豆のトマトカレー 西瓜のサラダ


フェタチーズのギリシャ風サラダ プチトマトのパスタソース

マッシュルームのパスタ クリーム風味



マッシュルームのパスタ クリーム風味
Pasta alla Funghi con Crema


どなたに作っても喜んでいただける
とっても簡単レシピをご紹介させてください。

今まではポルチーニ茸でお出汁をとって
このパスタを作っていましたが、
実はマッシュルームだけの軽い味も
ニンニクを利かせると、
それはそれで美味しい!と発見。

ほぼパスタの茹で時間だけでできるパスタ。
ぜひトライしていただけたら嬉しいです!



<材料 2人分>
・マッシュルーム 小さめのボックス x 1
・にんにく 1片
・・ラ・クチネッタ 有機EXVオリーブオイル  大さじ1~2
・生クリーム(脂肪分が35%以上のもの) 100ccほど(様子をみて加減)
シチリア天日海塩(粗塩) 
・胡椒
マシャレッリ タリオリーニ、またはリングイネ160g~200g
 (あるいはエッグパスタ 125g~150g)

<作り方>
1.大きめの鍋にお湯を沸かして、塩を加えパスタを入れる。(エッグパスタの場合は、先にソースを準備する)
2.マッシュルームをキッチンペーパーなどで綺麗にふき、スライスしておく。
3.ニンニクをみじん切り、オリーブオイルをフライパンに入れて、香りがたったら2のマッシュルームを加えて、火を強めてよく炒める。塩・胡椒で調味する。
4.マッシュルームによく火が通り、トロリとしてきたら生クリームを加えて、ボコボコっと泡がたったら、茹で上がったパスタと和える。

*卵パスタを打ってつくれば、シンプルながら特別な一品に。
*オリーブオイルは上質なものをぜひ。それだけで美味しさがグレードアップします!
*マシャレッリの職人パスタは、ブロンズで抜いて低温で乾燥させた丁寧な作り。ソースがよくからみます。
*海塩はできれば天日塩を。パスタを茹でるのには粗塩がおすすめです。仕上げにパセリを刻んでも!

Buon appetito!!

じゃがいものニョッキ トマトとバジル風味



じゃがいものニョッキ トマトとバジル風味
Gnocchi di patate con pomodoro e basilico


古いじゃがいもを使うのがスタンダードですが、
小ぶりの春のじゃがいもで作ってみました。

いつもよりもフレッシュな感じにできあがりました。
素材のおいしさ、感じられると嬉しいですね。

ニョッキも生パスタもハードルが高いようですが、
慣れると手間をかけただけの
作り立ての美味しさがあると思います。

失敗も少なくできると思うので、
ぜひトライしてみてください!



<材料>
・じゃがいも(ここでは新じゃがいも) 500g
・薄力粉 125g
・塩 3g
ラ・クチネッタ 有機EXVオリーブオイル 適量
シチリア天日海塩(細粒) 適量
・ミニトマト 1パック
・にんにく 1かけ
・バジルの葉 適量

<作り方>
1.じゃがいもを洗い、水から中火で茹でる。串がスッと入るようになったら、お湯からあげる。
2.小さめの鍋に、ニンニクとオリーブオイルを入れて弱火で温め、香りがたったら半分に切ったミニトマトを入れ、じっくり煮込んでおく。塩で味を調味する。
3.茹で上がったじゃがいもの皮を熱いうちに剥く。 (今回は小さなじゃがいもだったので、マッシャーでいくつかまとめて潰してから皮を外しました)
4.じゃがいもが熱いうちにマッシュし、粉と塩を混ぜて、ひとつの塊にする。
5.粉を打ったまな板の上で、6分の1ぐらいの生地を棒状に伸ばし、食べやすいサイズにナイフで切る。切り目に小麦粉をまぶしておく。重ならないように置く。
6.沸騰したお湯にニョッキを入れて、浮き上がってきたら掬い取り、お皿に盛る。
7.バジルの葉を飾り、オリーブオイルを回しかける。

*ここではミニトマトをニンニクとオリーブオイルで煮込んでソースにしましたが、急ぐときは、有機カラフルミニトマト スイートレッドがおすすめです。糖度が高いミニトマト品種「ダッテリーニ」をじっくり煮込んだクリーミーな甘みと香りで、手作りの味わいに。
*フレッシュなバジルの代わりには有機バジルペーストを少し加えても。バジルペーストの量を多くして風味を変えても美味しいです。
*バジルを使わないバージョンとしては、トマトソースに少し生クリームを足してもよし、バターを足してもよし、あるいはモッツァレッラを小さめに切って加えてもよし。さまざまに楽しめます。

Buon appetito!!

フィノッキオ(ウイキョウ)のオーブン焼 ハーブ風味



フィノッキオ(ウイキョウ)のオーブン焼 ハーブ風味
Finocchio con Erbe Aromatiche al Forno


寒い日に、ふとつくりたくなる
ひと品をご紹介させてください。

フィノッキオ(ういきょう)は、
生のまま薄切りにして、オレンジと
ピスタチオのダイスといただくことが多いですが、
オーブンで焼きあげると、
とっても美味しい副菜になります。

ハーブソルトがおすすめですが、
シンプルに海塩と黒胡椒でも。

チーズをたっぷり削ってみてください。
お肉にも、お魚料理にも、
またベジタリアンディッシュや温野菜にも、
とても相性よく召し上がっていただけます!



<材料>
・ういきょう1個
・パルミジャーノチーズ 塊でも粉状でも
有機ハーブソルト 適量
ラ・クチネッタ 有機EXVオリーブオイル 適量

<作り方>
1.ウイキョウを洗い、株の部分を残して(バラバラにならないよう)1cmほどの幅に切る。
2.沸騰したお湯で10分ほど煮る。
3.お湯をよく切ったら、オーブン皿に並べ、ハーブ塩を振る。そしてペルメジャーノチーズを削る。
4.オリーブオイルをひとまわしかけてオーブンへ。200度で20分ほど焼き上げる。 5.お好みでお皿に取り分けてからも、オリーブオイルをひとまわし。

*ラ・クチネッタ有機ハーブソルトは、ハーブの香り高く、添加物不使用、海塩を使っており、おすすめです。チーズの塩気とハーブソルトを使うので、塩の量にご注意ください。
*オリーブオイルは上質なものをぜひ。それだけで美味しさがグレードアップします!

Buon appetito!!

大根とりんごのサラダ



大根とりんごのサラダ
Insalata di Daikon e Mela


切って混ぜるだけの
シンプルなサラダをご紹介させてください。

ホワイトバルサミコと
レモンオリーブオイルの組み合わせ、
この二つだけで、簡単でおいしい、
そしてヘルシーの最強のコンビ。

ホワイトバルサミコ酢は風味豊かなので、
塩も不要で減塩にも。

レモンオリーブオイルは、
レモン果汁の酸味よりも、
レモンの香りが際立ちおすすめです。

お試しいただけましたら嬉しいです!



<材料>
・大根 長さ10cmほど(りんごと同じ量)
グエルゾーニ 有機ホワイトバルサミコ酢 大さじ1ほど
ロマーノ レモンオリーブオイル 大さじ1ほど

<作り方>
1.りんごの皮を剥き、種部分を取り除いて、細切りにする。
2.大根の皮を剥き、細切りにする。
3.大根とりんごを合わせ、ホワイトバルサミコとレモンオリーブオイルとで和える。

*お酢はグエルゾーニ 有機ホワイトバルサミコ酢がおすすめです。栄養価が優れているだけでなく、酸味がまろやかで、風味も豊かです。
*ロマーノ レモンオリーブオイルは、有機レモンを丸ごと使っておりナチュラルなレモンの香り豊かなオイルです。精油でオリーブオイルに味をつけたものとは、まったく一線を画すおいしさです。

Buon appetito!!

ピスタチオのジェラート



ピスタチオのジェラート
Gelato al Pistacchio


春のポカポカ陽射しとともに、
見かけるようになったジェラートを味わう人々。

私もすっかりジェラートモードになり、
久しぶりにピスタチオのジェラートを作りました。

ピスタチオクリームさえ手に入れば、
実は簡単にとっても美味しくできるピスタチオのジェラート。

ぜひご自宅ジェラートを満喫されてください!



<材料 2~3人分>
・牛乳 100cc
・砂糖 20g
・生クリーム 100cc
ピスタチオ100%クリーム 45g
ピスタチオダイス 適量

<作り方>
1.牛乳をあたため、砂糖を加えて溶けたら火からおろし、生クリームとピスタチオクリームを加える。
2.よくかき混ぜ、冷凍するだけ。

*ピスタチオクリームはできるだけ無添加のナチュラルなものを選べたらベターです。ピスタチオの名産地、ブロンテ産100%ピスタチオクリームがおすすめです。

*ピスタチオのダイスをかけると、グリーンのグラデーションが美しいだけでなく、味の深みが増し、食感もアップ。自分へのご褒美感に浸れます(笑)。目にもご馳走、重要ですね。

Buon appetito!!

そば粉のクレープ(ガレット)



そば粉のクレープ(ガレット)
Crespelle di Grano Saraceno


簡単で身体にもよい食事クレープを
紹介させてください。

食事クレープには全粒粉タイプもありますが、
わたしはそば粉で作るクレープがとても好きです。

溶けたチーズにもとてもマッチするように思います。
ぜひ試していただけましたら幸いです!



<材料 2~3人分>
・そば粉 125g
・卵 1個
・バター 20g
・牛乳 125cc
・水 125cc
シチリア天日海塩(細粒)、黒胡椒

[お好みの具材]
ハム、チーズ、ほうれん草、マッシュルーム、ベーコン、トマト、卵、グリーンサラダなどを自由にチョイスして。

<作り方>
1.そば粉をボウルに入れ、卵を割り入れ少しずつ混ぜ、牛乳と水を少しずつ加えてまぜていく。
2.最後に溶かしたバターを加えて混ぜ、数時間生地を休ませる。
3.フライパンに油をひいて、クレープ生地を中火で焼く。
4.生地に火が通ったようになったら、ひっくり返す。
5.お好みの具材を載せて、海塩と黒胡椒で味を整えてできあがり!

*ほうれん草、マッシュルームや西洋ねぎなどは、ニンニクとオリーブオイルで炒めて、塩味を味付けしておきます。チーズはグリュイエールチーズがベストですが、どんなチーズでも。ベーコンやチーズには塩が多いので加減してお召し上がりください!お好みの味が見つかりますように。

Buon appetito!!

トマトのスープ ストラッチャテッラ風



トマトのスープ ストラッチャテッラ風
Zuppa di Stracciatella con Pomodori


季節の変わり目、まだぐん、と寒くなる日がありますね。
そんな日に作ったスープをご紹介させてください。

ストラッチャテッラとは、引きちぎった、
ボロボロというような意味です。

かきたま状のスープのことをいうのですが、
トマトと玉ねぎで作ってみました。
温まります、、、。

ブロード(コンソメ)は野菜100%の有機のものをぜひ!
癖のない優しい味が、おいしさのポイントに。
お試しいただけましたら嬉しいです!



<材料>
・トマト(熟したものがベター)2個
・赤玉ねぎ1個
・エシャロット1個(なくても可)
・卵2個
・パルミジャーノチーズ 大さじ1.5
有機野菜のブロード(だし) 400ccの水に対して小さじ1と1/2杯
シチリア天日海塩(細粒)、胡椒

<作り方>
1.赤玉ねぎとエシャロットをみじん切りにし、鍋に沸騰したお湯400ccにブロードととのに加える。
2.トマトを食べやすい大きさに切って1に加える。
3.ボールに卵を溶き、パルミジャーノチーズを加えておく。
4.すべて十分に柔らかくなったら、中火ぐらいで沸騰している鍋の中央に静かに少しずつ3の卵液を落とす。
5.海塩と胡椒で味を整えたら、できあがり!

*ブロードの量はお好みで調整してください。海塩はうまみのある、おいしいシチリア天日海塩がおすすめです。パルミジャーノに塩が入っているので、海塩の量にご注意ください。


Buon appetito!!

アスパラガスの卵添え



アスパラガスの卵添え
Asparagi con Uovo


春らしい野菜の代表格ともいえるアスパラガス。
イタリアの北部でも白アスパラガスを栽培しており、
この季節のご馳走です。

今回は、日本でも手に入りやすい
緑色のアスパラガスで作ってみました。

芯が残るような日本の茹で方でなく、
イタリアではしっかりと煮て、
甘くなった野菜の風味を楽しむことが多いです。

お好みにもよりますが茹ですぎかな?ぐらい、
ぜひ一度長めに煮て
野菜の甘さを楽しんでみてください!

柔らかく、甘いアスパラガスは
卵にとてもマッチして本当においしいです。



<材料>
・アスパラガス 太めなら4、5本。細めなら8~10本ほど。
・卵 1個
・パルメザンチーズ 適量
シチリア天日海塩(細粒)、 海塩、黒胡椒、オリーブオイル すべて適量

<作り方>
1.アスパラガスの茎はポキン、と折れるところで折り、袴を掃除する。
2.大きめの鍋に(私はオーバル型の鍋を使います)お湯をたっぷり沸騰させ、アスパラガスを入れる。
3.たっぷりのお湯で柔らかくなるまで中火で茹でる。
4.お皿に熱々のアスパラガスをのせ、その上にポーチドエッグ、あるいは目玉焼きをのせる。
5.パルメザンチーズをたっぷり削り、オリーブオイルをまわしかけ、海塩と黒胡椒をお好みの量挽く。

*海塩はうまみのある、おいしいシチリア天日海塩がおすすめです。オリーブオイルはお好みの良質なものを。そしてたっぷりと!


Buon appetito!!

かぼちゃのココナッツミルク風味



かぼちゃのココナッツミルク風味
Zucca con Latte di Cocco


家ではよく残り物でカレーを作るので、
カレーパウダーとクミン、
ココナッツミルクを常備しています。

最近はそのココナッツミルクを
カレー以外にも使うようになりました。

今回はカボチャと合わせたひと皿を
ご紹介させてください!



<材料>
・かぼちゃ 皮を取って400gほど
ラ・クチネッタ シチリア天日海塩(細粒) 適量
・水 100cc
・ココナッツミルク(調理用)100cc
・お砂糖 大さじ1~2 ( かぼちゃの甘さに合わせて)

<作り方>
1.かぼちゃを適当に切ったら、鍋に入れ水を加え蓋をし、中火にかける。
2.沸騰したら、弱火に。海塩をひとふりし、水がならないように気をつけて(必要に応じて足す)焦げないよう気をつけて蒸し煮にする。
3.スプーンの背で押して簡単に潰れるぐらいになったら、火から下ろし、お鍋の中で潰してペーストに。
4.ココナッツミルク100ml、お砂糖を加え、再び弱火にかけ数分。
5.海塩で味を整えて、できあがり。

*海塩はうまみのある、おいしいシチリア天日海塩がおすすめです。ココナッツミルクには、調理用とデザート用があるので気をつけて。
*お砂糖のかわりにはちみつでも。ただその場合にはアカシアなどデリケートなものを選んでください!

Buon appetito!!

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日(休業日)

オンラインのご注文は、休業日も受け付けております。
休業日は、発送、お問合せ等の返信はお休みとさせていただきます。

ページトップへ