シンプル料理レシピ

fog linen work × CASA MORIMI


シンプルで上質なリネンを販売されている
fog linen work」さん。
素敵な品々が多く、私たちも長く愛用しています。

fogさんのメールマガジン「fog linen work journal」に
弊社代表・小林もりみのレシピを
ご紹介いただいています。


かぼちゃのココナッツミルク風味 チキンとセロリのサラダ


アーティチョークのオムレツ にんじんのオレンジ風味


カリフラワーのリゾット チキンのクリーム煮込み


グラタン・ドフィノワ ペンネのブロッコリーソース


春菊のサラダ 蕪のスープ


甘エビとミニトマトのスパゲッティーニ 柿と生ハムのサラダ


カボチャと西洋ねぎのポタージュ 洋梨・くるみ・ざくろのサラダ


小アジの南蛮漬け ラ・ラッテリア風 卵焼きカラスミ風味


バニェット・ヴェルデ(緑のソース) アンチョビとトマトのスパゲッティ


酢トマトのガスパチョ風 なすのピッツァ風


カルボナーラ じゃがいものニョッキ


なすのコラトゥーラ風味 アサリのタリオリーニ からすみ風味


鶏の胸肉のソテー 生姜とバジルの香り 桃と生ハムの前菜 レモン風味


トマトの炊き込みごはん レモン風味のパンナコッタ


ニース風サラダ 鰯のポルぺッティーネ


パンテレリア風トマトサラダ 大人のジャーマンポテト


オクラとアボガドのサラダ ズッキーニのバルサミコとハーブ風味


キャベツとしらすのブルスケッタ ペペロナータ アンチョビ添え


柑橘とフェンネルの香りのチキンサラダ 春の赤いサラダ


芽キャベツの蒸し炒め アンチョビ風味 帆立と金柑のカルパッチョ


みどり色のサラダ グリーンピースのスパゲッティーニ


春キャベツとカラスミのスパゲッティーニ ヤリイカとグリーンピース


ピスタチオのティラミス 西洋ネギと生ハムの熟成バルサミコ風味


牛肉の赤ワイン煮込 菊芋、りんご、ざくろのサラダ


アーティチョークの蒸し煮 蕪のクレーマ


呉豆腐 ミートボールのバルサミコ酢煮込み


ブラッドオレンジとピスタチオのサラダ バーニャカウダ


ほうれん草とマッシュルームのサラダ フェンネルとオレンジのサラダ


ゴルゴンゾーラチーズと胡桃のサラダ バルサミコ風味 野菜たっぷり簡単ポトフ


ほろほろカリフラワーのフジッリ カーボロネロのパッケリ


インゲン豆のローズマリー風味 酢たまねぎとパプリカのエスカベッシェ風


酒粕クリームのパスタ レタスのハチミツ風味ソース


パンテレリア風サラダ 秋なすのバルサミコ和え 中華風


グリーンサラダのアンチョビソース 牛肉のバルサミコ炒め


ひよこ豆のトマトカレー 西瓜のサラダ


フェタチーズのギリシャ風サラダ プチトマトのパスタソース

かぼちゃのココナッツミルク風味



かぼちゃのココナッツミルク風味
Zucca con Latte di Cocco


家ではよく残り物でカレーを作るので、
カレーパウダーとクミン、
ココナッツミルクを常備しています。

最近はそのココナッツミルクを
カレー以外にも使うようになりました。

今回はカボチャと合わせたひと皿を
ご紹介させてください!



<材料>
・かぼちゃ 皮を取って400gほど
ラ・クチネッタ シチリア天日海塩(細粒) 適量
・水 100cc
・ココナッツミルク(調理用)100cc
・お砂糖 大さじ1~2 ( かぼちゃの甘さに合わせて)

<作り方>
1.かぼちゃを適当に切ったら、鍋に入れ水を加え蓋をし、中火にかける。
2.沸騰したら、弱火に。海塩をひとふりし、水がならないように気をつけて(必要に応じて足す)焦げないよう気をつけて蒸し煮にする。
3.スプーンの背で押して簡単に潰れるぐらいになったら、火から下ろし、お鍋の中で潰してペーストに。
4.ココナッツミルク100ml、お砂糖を加え、再び弱火にかけ数分。
5.海塩で味を整えて、できあがり。

*海塩はうまみのある、おいしいシチリア天日海塩がおすすめです。ココナッツミルクには、調理用とデザート用があるので気をつけて。
*お砂糖のかわりにはちみつでも。ただその場合にはアカシアなどデリケートなものを選んでください!

Buon appetito!!

チキンとセロリのサラダ



チキンとセロリのサラダ
Insalata di Pollo e Sedano


今回は、子どもの頃から我が家の定番だった、
簡単サラダをご紹介させてください。

今はマスタードなど多めにいれて、
少し大人なレシピにしています。

レモンオリーブオイルもとても合うので、
ぜひ試していただけたら嬉しいです。



<材料>
・セロリ やわらかい内側の部分 数本
・ドライレーズン 大さじ3
ロマーノ レモンオリーブオイル 適量
・マヨネーズ 多め
・マスタード 大さじ1
・カレー粉 小さじ1
・海塩、黒胡椒 適量

<作り方>
1.鶏の胸肉は室温に戻した後、沸騰したお湯に入れ、すぐ火を止め30分ほど置く。
2.セロリを3~5mmほどの輪切りにする。
3.鶏の胸肉を手で食べやすく割く。
4.ボウルに胸肉、セロリを入れてレモンオリーブオイル、マヨネーズ、マスタードで和える。
5.レーズンを加え、カレー粉を加え、塩、胡椒で味を整える。

*胸肉の大きさによってマヨネーズの適切な量が決まると思うので、おいしいと思う量を試してください。
*ドライレーズンはあまり硬くなく、やわらかいものを。セロリも硬さや柔らかさで、輪切りの厚さを調整してください。

Buon appetito!!

アーティチョークのオムレツ



アーティチョークのオムレツ
Frittata di Carciofi


日本でも最近は手に入るようになった
アーティチョーク(=伊語でカルチョーフィ)

冬の季節、イタリアの市場で
よくみかける野菜のひとつです。

イタリアでは薄く切り、
パルミジャーノと合わせるサラダが定番。

フライパンでにんにく等と炒めても
美味しくいただけます。

日本ではアーティチョークはあまり見かけず、
また少しお高めかもしれません。

玉ねぎやズッキーニなど
ほかの野菜でも大丈夫です。

簡単でおいしいオムレツ、
ぜひお試しください!



<材料>
・オリーブオイル 適量
・にんにく 1片
・赤玉ねぎ 小1個
・アーティチョーク 3個
・レモン 1/2個
・バター 大さじ2
・卵 3個
・削ったパルミジャーノチーズ 大さじ3
・牛乳 大さじ3
ラ・クチネッタ シチリア天日海塩(細粒)、黒胡椒 適量

<アーティチョークの下処理>
一般的にお店で売られているアーティチョークは花の蕾の部分です。
周りの硬い皮をむき、中の柔らかい部分が出てきたら、先端を切り落とし、料理に使用するサイズにカットします。水を入れたボウルにレモンを浮かべ、そこにアーティチョークをさらし、灰汁を抜きます。フレッシュなものは、茎もいただくことができます。硬い皮をむき、蕾と同様に灰汁を抜きます。

<作り方>
1. 下処理したアーティチョークは16等分ほどの小さめにスライスし、茎も適当な大きさにカットする。
2.にんにくと玉ねぎは、みじん切りにしておく。
3.テフロンのフライパンにオリーブオイルを入れ、2を中火でよく炒める。
4.玉ねぎがしっかり柔らかくなるまでよく炒めたら、アーティチョークを加えてさらに炒める。
5.火が通ったらバターを加え、海塩で少し味を整える(塩は少なめに)。
6.卵をほぐし、パルミジャーノと牛乳を加え、フライパンの中に流し入れる。
7.ある程度固まってきたら、弱火にして蓋をする。
8.表面まで固まってきたら、お皿をフライパンに被せて、ひっくり返す。

*お好みでバターだけで炒めても、牛乳を生クリームに変えても。
*パルミジャーノが持つ塩分を考慮して塩の量を加減してください。塩は、うまみのある海塩がおすすめです。

Buon appetito!!

にんじんのオレンジ風味



にんじんのオレンジ風味
Carotte all’Arancia


冬は根菜がおいしい季節。

旬のにんじんをたくさん消費するレシピを。
同じく旬の柑橘のオレンジ、
あるいはマンダリン、日本ではみかんなどの果汁で。

いつもオレンジ果汁で作りますが、
今回は家であったマンダリンを半分に切って、
ぎゅっと絞りました。

毎回、あっという間に食べ切ってしまいます。
にんじん嫌いのお子様にも、
召し上がっていただけますように。



<材料>
・オリーブオイル 適量
・にんじん 2本
・オレンジなどの柑橘の果汁 100ccほど
(もし甘さが足りない場合は少しお砂糖を足しても)
ラ・クチネッタ シチリア天日海塩(細粒) 適量

<作り方>
1.にんじんの皮を剥いて、適当なサイズに切る。
2.鍋(あるいは深めのフライパン)にオリーブオイルを入れ、温めたらにんじんを入れる。
3.オレンジの果汁を入れ、中弱火で煮詰めていく。
4.にんじんが柔らかくなったら、火をとめて海塩をぱらりと振る。

*クミンシードを加えても美味しいですが、シンプルなオレンジ果汁だけも好みです。
*塩はほんの少しで十分です。うまみのある海塩がおすすめです。

Buon appetito!!

カリフラワーのリゾット



カリフラワーのリゾット
Risotto al Cavolfiore


寒い日にはリゾット。
ごくシンプルなお気に入りリゾットを
ご紹介させてください。
冬だからこそ楽しめる美味しさってありますね。

ここではごくシンプルなレシピで。
お好みで西洋ネギや、バターを加えても。

いつものごはんをちょっとアレンジ、
そんな感じで作っていただけたらと思います。



<材料>
ラ・クチネッタ 有機エキストラバージン・オリーブオイル 適量
・カリフラワー 1/2個
・白米 1,5カップ
・コンソメ 1リットルほど
・パルミジャーノチーズ たっぷり
・塩、黒胡椒 適量


<作り方>
1.カリフラワーを細かく切り、鍋でオリーブオイルで中火で炒める。
2.白米を洗わずに(あるいはさっと洗いザルで水を切る)鍋に加え、一緒に炒める。
3.温めたコンソメを少しずつ(おたま1杯ほど)足して、かき混ぜながら煮詰めていく。
4.お米がコンソメを吸って水分が少なくなったら、また温かいコンソメを少し足し混ぜる。
5.様子をみながら火を弱火にして、同様にコンソメを加えながらお米に火を優しく入れていく。
6.十分に柔なくなったら、たっぷりとパルミジャーノを加える。
7.お皿に盛り付けたら、さらにパルミジャーノを削り、オリーブオイルと黒胡椒を挽く。

*イタリアではカルナローリという大粒で熟成させたお米を使います。
なぜ熟成させるかというと、古く乾いている方がブイヨン(ブロード)をたっぷりと吸うからです。
日本のお米は水分が多くて瑞々しく、ほろほろになるカリフラワーと好相性。今回は日本米をあえて選んでリゾットにしました。

Buon appetito!!

チキンのクリーム煮込み



チキンのクリーム煮込み
Pollo alla Crema


フランスの友人に教えてもらったレシピ。
簡単で美味しく、集いの席にもおすすめです。

寒い季節
生クリームを使ったリッチなお料理は
イベント感もあり、嬉しいですよね。

みなさまにとって
素敵なクリスマスシーズンになりますように。



<材料>
・オリーブオイル
・鶏胸肉 約300gほど
・小麦粉 大さじ1
・生クリーム( 脂肪分が30%以上のもの) 100ccほど
・塩、黒胡椒 適量

<作り方>
1.チキンの胸肉を適当なサイズに切り、中火に温めたフライパンにてオリーブオイルでよく炒める。
2.ほぼ火が通ったら小麦粉をまぶし、そのまま炒める。
3.ある程度水分がなくなったら、生クリームを加え、泡がぼこぼこ、とするまで調理する。
4.塩、胡椒で味を整える。

*変化球でカレー粉を足すバージョンも美味です!

Buon appetito!!

グラタン・ドフィノワ



グラタン・ドフィノワ
Gratin Dauphinois


寒い日が続いたあとに
とてもいただきたくなっていた一皿を。
材料はごくごく簡単。
母にも好評でした。

基本的には副菜なのですが、私の大好物。
ずっと昔にフランスで学んだ一品。
これからの集いの席の一皿にぴったりです。
子どもから大人まで、みんなに愛される味。

みなさまにとって
素敵なクリスマスシーズンになりますように…



<材料>
・じゃがいも 大2個
・牛乳 3/4~ 1cup
・生クリーム3/4~ 1cup
・塩 適量
・とろけるチーズ 適量 

<作り方>
1.じゃがいもの皮を剥き、1cmほどに切ってオーブン皿に並べる。
2.牛乳と生クリームを1に注ぎ、じゃがいもがある程度浸かるほど入れる。
3.塩を少し振りかける。
4.オーブンを170~180度に温め、30分ほど調理し、その後チーズをかけて15分ほど調理する。
5.熱々でどうぞ!

*チーズは、グリュイエールチーズなどがあればベターです。塩はチーズをかけるので、控えめにしてみてください。お好みで黒胡椒を挽いたり、にんにくのみじん切りを加えても。
*生クリームと牛乳は同量が基本ですが、さっぱりさせたいときは牛乳多めでも。

Buon appetito!!

ペンネのブロッコリーソース



ペンネのブロッコリーソース
Penne con Crema di Broccoli


オリーブの新油が手に入るこの時期
カペッツァーナ有機オリーブオイルの生産者
ボナコッシ伯爵家のシェフに教えていただきました。

カリフラワーでも同じようにできます。
コツはお野菜をクタクタに柔らかくなるまで煮ること。
そして、オリーブオイルをたっぷりと使うこと。

シンプルな美味しさ際立つレシピです。



<材料>
・ブロッコリー (小さめ1個で2名分ほど)
シチリア天日海塩(細粒)
ラ・クチネッタ 有機エキストラバージン・オリーブオイル 多めに
マシャレッリ 職人パスタ ペンネリガーテ(一人分 約80g)

<作り方>
1.ブロッコリーを適当な大きさに切り、たっぷりのお湯でやわらかめに茹でる。
2.茹で上がったブロッコリーを網のレードルなどでお湯から引き上げ、水気を切る。
3.粗熱が取れたら、オリーブオイルをたっぷりと入れてバーミックスなどでペーストにする。(数秒で)
4.海塩を味を整える。
5.茹で汁をブロッコリーのペーストに入れて馴染ませてから、ペンネに和える。

*お好みで黒胡椒を挽いたり、アンチョビを混ぜてバージョンを変えても。
ただこのブロッコリーと塩だけのソースのおいしさ、シンプルながらのもののように思います。
ぜひお試しください!

Buon appetito!!

春菊のサラダ



春菊のサラダ
Insalata di Coronato


旬の柔らかい春菊が手に入ったらぜひお試しいただきたい
春菊のサラダをご紹介させていただきます。



<材料>
・柔らかい春菊
・パルメザンチーズ
ロマーノ シャーレ エキストラバージンオリーブオイル
・黒胡椒
グエルゾーニ 有機白ワインビネガーあるいは、グエルゾーニ 有機ホワイトバルサミコ酢
(すべて適量)

<作り方>
1.春菊をよく洗い、水気を取る。
2.茎の下などの硬い部分を除き、手で適当にちぎってお皿に盛る。
3.パルミジャーノチーズを削る、あるいは粉状のものを振りかける。
4.オリーブオイルをかけ、お酢をかけ、黒胡椒を挽く。

*パルミジャーノに塩気があるので、塩は加えずに美味しいお酢とオリーブオイルでお召し上がりください。りんご酢でも。お好みのお酢で、お試しください!

Buon appetito!!

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日(休業日)

オンラインのご注文は、休業日も受け付けております。
休業日は、発送、お問合せ等の返信はお休みとさせていただきます。

ページトップへ