生産者一覧

Guerzoni グエルゾーニについて


Acetaia Guerzoni アチェタイア・グエルゾーニ>

グエルゾーニは、自社の畑でぶどうを栽培し、そのぶどうを発酵・熟成させ上質のバルサミコを造るアチェタイア(酢醸造所) です。30年前からバイオダイナミック農法(究極の有機栽培といわれています)を実践し、自家栽培のぶどうだけを使用してバルサミコ、ワインビネガーを作っています。


<モデナ地方>

グエルゾーニ社があるモデナは、ミラノから南へ電車で約2時間、エミリア・ロマーナ州に位置します。モデナとレッジョ・エミリアで、バルサミコの文化が生まれ、長きに亘り、受け継がれてきました。グエルゾーニは、バルサミコの本場において、バイオダイナミック農法(ビオディナミ)を実践している唯一のアチェタイアです。


<グエルゾーニ、オーガニックへの取り組み>

グエルゾーニでは、30年以上前の1970年代から究極のオーガニック農法と呼ばれるバイオダイナミック農法を実践し、ぶどう畑の土造りから、収穫、酢醸造、熟成、瓶詰めまでを、一貫して自社で行っています。

※アチェタイアとしては唯一オーガニック認証、デメター認証(バイオダイナミック農法の認証)の両方を取得しています。


ぶどう栽培の農業カレンダー(バイオダイナミック農法)

1月~3

果樹の剪定作業。

5月~7月

病気に負けない果樹を育てる手入れを行う期間。

バイオダイナミック農法に則った肥料の準備と下草刈り。

7月~8

施肥と剪定のほか、再度下草を刈ります。

9月~10月

ぶどうの収穫と、ぶどうジュースの生産。

収穫したら、果実が酸化する前にすぐにジュースに加工して瓶詰め。

11月~12

バイオダイナミックの肥料(牛糞とハーブを混ぜ込み、1年間乾燥&熟成させる)を次の年のために仕込みます。

<一族で守り続ける味>

Lorenzo Guerzoni ロレンツォ・グエルゾーニ氏は、アチェタイア・グエルゾーニの三代目、バイオダイナミック農法を始めてからは二代目にあたります。30年前、同氏のお父さまがバイオダイナミック農法を始めたときは、周囲から気が触れたのでは?と言われたそうです。しかし強い信念のもと奥様とともに実直に続けていらっしゃいました。息子のロレンツォさんは、ご両親のまじめさを引き継ぐだけでなく、ラベルデザインを刷新したり、外国のフェアに出展したり、広い視野を持って活動されています。精力的な活動からは想像できないほど、その人柄はもの静かで落ち着いており、真面目を絵に書いたような方です。三人とも、とても温厚で「思慮深い」という言葉が似合う素敵な方々です。


100%ナチュラル 自家栽培ぶどうから作られるグエルゾーニ・コレクション>

バイオダイナミック農法を用い、手間と愛情をかけて大切に育てられた、自家栽培のぶどうから作られるグエルゾーニ・コレクション。ジュース、ワインビネガー、バルサミコ酢、どの品も自家栽培100%のぶどうを原料にしています。

収穫したぶどうの果皮を剥き(モスト・ドゥーバは果皮ごと)、果汁を絞ってできる液が「モスト」。この「モスト」を発酵させ、アルコール分を含むようになったものがワインです。そしてこのワインに酢酸菌を加え、発酵させて出来上がるのがワインビネガー。このワインビネガーは、「モスト」を高温で48時間煮込んだものに加えられ、樽の中で自然に熟成し、バルサミコ酢が出来上がります。

※グエルゾーニのワインには、通常加えられる酸化防止剤や亜硫酸塩が入っておりません。特に亜硫酸塩は、通常ワインには添加されるものですが、グエルゾーニでは、自家栽培のぶどうのみを使用することにより、自然にぶどうに含まれる亜硫酸塩が活かされています。そのため、100%ナチュラルなワインビネガー、バルサミコ酢が作られます。

自然製法にこだわった、安心の美味しさをお楽しみください。

楽天ID決済

ラ・クチネッタ 初めまして!セット

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

定休日でも、ホームページからのご注文は受け付けております。

生産者一覧

       

ページトップへ