代々受け継がれる職人の技



職人こだわりの伝統製法。
コシがあり冷めても美味しいパスタは、小麦粉本来の美味しさを噛み締めて。



もともとの始まりは1867年まで遡る、家族経営の小さなパスティフィーチョ(パスタ製造所)で、大切に伝統を受け継ぎながら作られているパスタです。現在では、4代目と5代目のパスタ職人が活躍しています。水にもこだわり、アブルッツオ州マジェッラ国立公園の天然の湧水を使用し作られています。



美味しさのヒミツ
ポイント1
昔ながらのブロンズ鋳型で抜いた後、40℃で48時間から72時間かけてじっくり乾燥します。
ブロンズ鋳型で抜くことにより、小麦の風味をそのままに、ソースがよく絡むパスタが出来上がります。
伝統製法で、手間と愛情をかけた職人パスタは、小麦そのものの美味しさが感じられるパスタです。
またしっかりとしたコシがあり、多少茹ですぎてしまっても自然とアルデンテが保て、冷めても美味しく召し上がれます。
天然水 ポイント2
パスタを捏ねる際のお水は、イタリア中部、アドリア海側に位置する、アブルッツオ州マジェッラ国立公園の天然の湧水を使用しています。





一口にパスタと言っても、その種類は数えきれないほど。短いもの、長いもの、太いもの、細いもの・・・。
ラ・クチネッタでは、イタリアでもとても一般的に使われている、代表的な5種類のパスタをお届けしております。
様々な具材と合わせて、お楽しみください。





表示切替: 並び順:
8件中1件~8件を表示
8件中1件~8件を表示

楽天ID決済

ラ・クチネッタ 初めまして!セット

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 祝日

定休日でも、ホームページからのご注文は受け付けております。

生産者一覧

       

ページトップへ